--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.07.20

北海道のバラ、今が最高です!ツルバラ「ポールトランソン」開花です♪

本州からの梅雨前線が北上しているようで、北海道にも影響を及ぼす恐れが出てきたそうです。
今週はずっとぐずついた天気で、気温も低く5月中旬だそうです。ストーブをつけるのも無理が
ない話ですね。
バラのためには、少しくらい寒いほうが長持ちしていいかな。

今日のバラは、昨日と同じ系統のツルバラ「ポールトランソン」です。
傍を通ると林檎の香りがプンプンします。
多少、毎年うどん粉に掛かるのですが、とても丈夫なバラです。
色が最初、咲き始めは杏からピンクに代わり、だんだん白っぽくなります。
私の友人がこのバラをたいそう気に入って、同じのをほしいがあちこちの園芸店を探しても
なかったとのこと。
それがきっかけで、初めて挿し木に挑戦し、うまく付いてプレゼントしてあげ、喜ばれました。

5年前に、パーゴラに昨日のツルバラ「アレクサンダージロー」を右側から、この「ポールトランソン」
を左側から植えたのですが、パーゴラの屋根で交差して今では混合になって咲いています。
花の大きさも形も同じようなので違和感もなくおもしろい味が出ていると自己満足しています。

今、満開なのですが、下からでは、いい写真が撮れず踏み台にでも上がって明日にでも再挑戦
してみたいと思います。

20070720211319.jpg

20070720211543.jpg

20070720211338.jpg

20070720211352.jpg

20070720211500.jpg

20070720211527.jpg


 ← 一回クリックお願いします
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ




この記事へのトラックバックURL
http://syunnarigato.blog81.fc2.com/tb.php/257-38f23f49
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
未来さん、昨日のアレキサンダージローと良く似合いそうですね。
ポールトランソン 聞いたことがない薔薇ですね。
お友達喜ばれたでしょうね。
同じ薔薇と言うぐらい色が変わるのですね。
咲き方はクラシックローズですが照り葉ですね。
葉っぱが綺麗なのに驚きます。
こちらは消毒をしてやっと持たせていますので
葉っぱを落とさないようにするのが精一杯です。
それでも黒点で丸坊主状態になったのが数本あります。
なにしろ毎日雨です。
先日合間にやっと消毒出来ましたがこれで梅雨明けになったらハダニがくるので真夏葉っぱを如何に落とさないようにするかが課題です。
農薬を使わずに木酢液とかで育てている人達がいますが
わたしも試してみたことがありますが
多分冷涼な気候の人達は成功しているのではと思います。こちらはそんなことは言ってられないぐらい黒点、うどん粉、ハダニが凄くて農薬に頼っても駄目ですね。
未来さんのツヤツヤの青葉茂れる葉っぱを見たら
余りの違いに悲しい!
今日から旅行に行ってきますね。
問題が少しは片付いたら良いのですが・・・
不安です。
Posted by ロココたえ at 2007.07.21 05:07 | 編集
なかなか梅雨が開けないですね。
今日も朝から雨がふったりしてジトジト。
庭のお花の様子もみたいのだけどなかなか・・

ピンクのバラが沢山。
とても綺麗ですね。我が家のバラも大きく成長して
たくさん花をつけてくれたらいいなぁ。
ポールトランソンって林檎に香りがするのですか?
Posted by yumi at 2007.07.21 13:47 | 編集
未来さん、美しい薔薇ですね。私もこの薔薇、欲しくなってしまいました!色もやさしい色で本当に可愛らしいですね。。ポールトランソンですね~!早速調べて見たいと思います~!!

アイルランドは今年最悪の夏を迎えています。
太陽が、とっても恋しい、この頃でした~!
Posted by Gina at 2007.07.21 17:57 | 編集
ロココさんへ
今頃、東京でしょうか?
これを読む頃にはお帰りなさいですね。

そうなんですか?葉っぱが綺麗。嬉しいです。特別消毒以外何もしていないのですが、みな葉は元気なようです。
無農薬栽培は、旭川市で盛んなようで結構力を入れて広げようとしているのですが、私は自信がありません。

私の友人のご主人も無農薬で育てているのですが、土作りに力をいれ、やはり木酢です。
土がいいので、病気にも強いと、私は勝手に思っているのですが、ちょっとマネをするには長年の感と技術を要するようで、私には無理ですね。

Posted by 未来 at 2007.07.21 20:26 | 編集
yumiさんこんばんは。
まだ、梅雨があけないで憂鬱な毎日でしょうね。
もう少しでしょうか?
こちらもずっとお天気が悪く、せっかく咲いているバラも、霧雨で全部首が下がっています。
北海道のバラも今月いっぱいくらいで一番花は終りです。
ポールトランソン、そうなんですよ。林檎のいい香りがするんですよ。
イングリッシュローズのようです。
Posted by 未来 at 2007.07.21 20:32 | 編集
Gina さんこんばんは
ポールトランソン、気に入っていただきありがとうございます。このバラあまり知られていないようで、私の友人も気にいってくれて、何件か探したらしいのですが、園芸店では扱っていなかったようです。

ドンドン色が抜けていって変化していくバラなので、何回も楽しめていいですよ。
ツルもドンドン伸びるのでアーチがお勧めです。大きさも中輪なので、可愛いですよ。
ちょっと宣伝しすぎですね(笑
Posted by 未来 at 2007.07.21 20:40 | 編集
未来さま
はじめまして。
私の大好きなポールとランソンとコテージローズが未来さまのお庭で綺麗に咲いているのを発見! 思わずカキコさせて頂きました。
き・きれい。
「ポールノエル」というポールトランソンに似たバラがあり大変興味を持ちました。住んでいる所は鎌倉なのですが、それを見る目的もあり今年の春「岐阜花フェスタ公園」へ行って来たのですよ~。
両方のバラが咲いていて両者は微妙~~に違っていました。
絶対ポールトランソンが欲しい!と思い、帰宅後新苗で手に入れました。(乱心・・)
現在つる枝の数は少ないのですが1.8m位に伸びています。
蕾み1ヶだけ咲かせてみたのですが・・何と花びら130枚!!
花びらにプリーツが入ってほんとに素敵ですよね~~。でも、でも・・6月の末位に咲いたからでしょうか、やや赤みがかって咲きました。(ピンクやサーモンピンクでもなく白っぽくでもなく・・う~~ん)こちらですと2番花が咲く頃の気温ですと赤っぽく咲くらしいのです。来年の花がドキドキです。(柔らかい色で咲きますように。。)
コテージローズも大好き!!こんなすてきなバラがわさわさと咲くなんて至福とはこの為にある言葉のよう。。
アレキサンダージローのバラの事も知りたくなりました。
沢山絡まっても涼しい所なので蒸れないのかも、羨ましいです。
コテージローズあまり剪定しすぎないようにしますね。
素敵なバラのお写真を有難うございました。
Posted by viola at 2007.07.27 21:46 | 編集
viola さんはじめまして。
書き込みありがとうございます。
ポールトランソン気に入っていただきありがとうございます。買った当初は正直そんなに感激もなかったのですが、年々好きになりました。
このバラ、色がコロコロ変わりますよ。このアーチに絡まっているのを見ても、4色も5色もあります。最後は白っぽくなって散るのですが、そこまで行く過程が魅力的です。
viola さん、新苗手に入れられて良かったですね。あまり出回っていないバラのようですよ。
色の事ですが、私も今年、このバラの挿し木をして3株ほど花を咲かせてみたのですが、最初の一番花は全部色が違いましたよ。
なんせ、ツルが良く伸びますからviola さんの新苗も来年はもっともっと大きくなリますので楽しみに待っていてください。3年くらいで見事な花数になると思いますよ。難を言うとうどん粉に弱いので消毒をマメにやったほうがいいかもしれません。
私の住んでいるところは北海道なので本州のバラの咲く時期とずれています。
7月に入ってやっと見ごろになり、短い至福です(笑
まだ一番花を咲かせていないバラもあるんですよ。

viola さんもコテージローズお持ちなんですか?
ブログに遊びに行きたいのですが、URL教えていただけますか?
Posted by 未来 at 2007.07.28 00:09 | 編集
未来さま
早速、お返事を有難うございます。
残念ながらブログを持っていないのです・・でも来年位に立ち上げたいと思っています。お知らせしますね。
ポールトランソンとアレキサンダージロの競演の画像をしばしば見ながら励みにします。
未来さまはあとどのバラがお好きなのかしら。。
私は35株位かしら持っているうちで大好きなバラは・・ファンタン・ラトール/ウィリアム・モリス/コレッタ/コテージローズ/ソニア・リキエル/そして勿論ポールトランソンです。ファンタンラトールはH1.6m巾9m位の壁面に玄関のアプローチに添ってずらり、なんですよ。薄いピンクに色合わせして向いにローザライ・ド・デルヘイ(生け垣仕立て)のクリムソンレッドを植えています。
ところでアレクサンダージローはサイトにもほとんど出て来ないのですが未来さまはどちらで手に入れられたのかしら? 大きめのパーゴラなので私も・・なんて迷いが始まってしまいました。。
未来さまのサイトは初めてでしたのでゆっくり拝見させて頂きますね。(素敵なバラに胸がドキドキ・・・)
Posted by viola at 2007.07.28 10:37 | 編集
viola さんへ
お返事ありがとうございます。viola さん、随分素敵なバラをお持ちなんですね。
そうですね、私の好きなバラは、ピエール ドゥ ロンサール、ヘリテージ、セントセシリア、アブラハムダービー、コテージローズ、などなどたくさんあります。
今年は、「しのぶれど」を買ってみたのですが、これは大ヒットでした。

ファンタン・ラトール実は、私も気になっていたバラなんですよ。来年は庭を少し広めるつもりなので、ツルバラを何本か購入予定なのですが、葉が綺麗なので候補に上げていました。それにしても、H1.6m巾9m位の壁にずらりとは凄いですね。鎌倉のバラ、是非、是非拝見したいです。ブログ作りましたら第一号に教えてくださいね(笑
そうそう、アレキサンダージローですが、アレクサンダージローとも呼ぶみたいですが、私もネット調べてみたのですが、あまりヒットしないようですね。
私は近くの園芸店で、このバラがどんなバラとも良く分からず、小ぶりのバラを探していた時に、たまたま見つけて買ったんですよ。
私の近くの園芸店では、バラの名前を言うと調べて取り寄せてくれるんです。
毎年そんな風にして買っているのですが、もしネットでも売っていないようであれば、お近くの大きな園芸店があれば聞いてみたらいかがですか?
お役に立てなくてごめんなさいね。

こんなつたないブログですが、また遊びにきてくださいね。
Posted by 未来 at 2007.07.28 23:16 | 編集
未来さま
続けて何度もカキコさせて頂いています。(@~@)
ファンタン・ラトールはほんと、いいですよ~。このバラは全てにおいて完成されている・・と表現出来るのでしょうね。花は勿論、葉(未来さまがおっしゃる通り)・枝はしなやかで暴れず、とげはほとんどなく、きれいに覆い茂る葉を背景に沢山咲き、花保ちも良く、シルキーな花びらなのに雨にも比較的強く、花期が長~い・・と。
このバラの前に行くと「どうしてこんなに美しいの・・・?」って自問してしまうんですよ。このバラが終わってしまうと寂しくなって・・。(あ~思い出すだけでも幸せ)
好きなバラがぞろぞろと枝に並んで咲くなんて目眩がしそうな5月(こちらは)です。
ところでアレクサンダー・ジローですが、本で調べているうちに思い出しました。今は手放してしまった本ですが、洋書でフランスの「ローザライ・デル・ヘイ」というバラ園の高くて巨大なメタルアーチ、パーゴラ等の建造物に絡めている写真を見て、ため息をついた事を覚えています。そのバラだったんですね~~。きっとポールトランソンよりずっとずっと長く(暖地では特に)なるバラなのでしょう。
もし、もしですが、実際に見た事がないので、およろしければ
いつでもお暇な折りに画像を送って頂ければ幸いに思います。

「しのぶれど」大ヒットで良かったですね、藤色のFlですよね。
未来さまのブログの中のひとつひとつの本音の言葉にも癒されます。。
ひとときをおつきあい頂いて有難うございました。




Posted by viola at 2007.07.29 11:02 | 編集
未来さま
もう1度お尋ねさせて頂きます。(恐縮です。)
アレキサンダー・ジローは何日位の花保ちでしょうか?
よく散ると書かれていましたが・・花期はポールトランソンと同じ位ですか?
よろしくお願いします。

Posted by viola at 2007.07.30 10:38 | 編集
viola さんこんにちは
再三の書き込みありがとうございます。

アレキサンダージローですが、ポールトランソンよりまだ強健で、ツルもこちらの方がシュートが出てたくさんになる気がします。それで花の数も多いです。
花もちもアレクサンダージローは、私のところは特別悪いと言う気はしませんよ。現実に先日の大雨でポールトランソンの花がほとんど落ちてしまったのですが、アレキサンダーは残っています。蕾もまだあるのでもう少し咲きそうです。
なんせ、花の数が多いので散っても別な蕾からすぐ咲くので全然大丈夫だと思います。
でも、鎌倉と北海道違っていたらごめんなさい。
苗、見つかりそうですか?

>「ローザライ・デル・ヘイ」というバラ園の高くて巨大なメタルアーチ、パーゴラ等の建造物に絡めている
そんな立派なところで使われていたバラなのですか?
このバラ、大きくなりすぎて困ちゃたなんて思っていたのですが(笑)なんだか、そんなお話し聞くと、とても嬉しいですよ。もっと大事にしなきゃですね。

画像の件ですが、アレキサンダーだけ単独で写したのが、ポールトランソンのブログの前の日にアップしているのですが、他の写真をごらんになりたいのであれば、何枚かありますので、viola さんのメールアドレス教えていただければ添付して差し上げますよ。

アドレスですが、送信の上の「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れると私しか判らないようになりますので、宜しければ使ってください。

私は、violaさんのお話し聞いて、ファンタン・ラトール、ますますほしくなっています。
Posted by 未来 at 2007.07.30 14:29 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2007.07.30 15:50 | 編集
未来さん、こんにちは。
最新記事から投稿しようかどうか迷ってこちらにしました。
ポール・トランソンの事をお伺いしたくて・・。
我が家では今、沢山の蕾をつけ始めています、以前未来さんから「少々うどんこ病にかかりやすい」って聞いたのですが、毎年何か対策をされているのでしょうか? 我が家でも少々かかっています。全体には広がらないかな、という気がして今朝初めて1回だけうどんこ病の薬(予防と対処)を散布しました。
それから葉が全体にまだまだ小さいのですが、これはまだ1年目だからかしら? 新しいシュートが既に8本も伸び出して来て、そのシュートは大きい葉(大人の葉という感じ)をつけているんですよ。未来さんのポール・トランソンの最初の年の事を覚えていらっしゃいますか?

それから主人は昨日まで札幌に出張でした。また何回かの室蘭への出張を通して室蘭が大好き!って言っていました。そちらにお住まいになった事があったんですね。
Posted by parelli at 2008.04.21 22:22 | 編集
parelliさん
こんばんは♪
ポールトランソンがつぼみを付け始めたのですか?
それは楽しみですね。
この薔薇のうどんこ病のことですが、やはり毎年悩まされますね。
消毒は薬を変えたりしてやっていますが、あまり効果はないようです。
新しいツルにかかりやすいのですが、見つけたら早目の治療が良いと思います。
と言っても私もマメにする方ではないのですが、ごく一般に言われているやり方しかしていません。

シュートがどんどん伸びるので、部分的にうどんこの枝を切ったこともありましたが、花がつけば隠れて気にならなくなるので、今は、なったのはしょうがないと、そのままです。
葉は他のバラから見たら小さいですよ。
心配いらないと思います。
8本もシュート伸びているのですか?
これから、もっともっと何メートルの伸びますよ。
枝が柔らかいので誘引は楽だと思います。
上手くいったら、秋にも返り咲きますよ。
私も、楽しみにしていますので咲きましたら是非教えてくださいね。
甘いリンゴの香りで魅了しますよ。(*^_^*)

ご主人北海道に来られることが多いのですね。
室蘭は私も大好きです。
少なくても今住んでいる所よりずっと好きです。
今も、私の実家があるんですよ。
転勤族で回っているうちに最終的には室蘭にuターンしてきました。
今は、年老いた両親がいます。
父が入院しているので今は、頻繁に行ってあげているのですが、そのついでに写真を撮ってきています。
私の風景写真、港や海は室蘭なんですよ。
ほんとにいいところです。
写真を撮るたびに思いますよ。
ご主人が、好きと行っていただき嬉しいです。
Posted by 未来 at 2008.04.22 01:29 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。