--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.11.18

クリスマス会で連弾♪これでも緊張症なんです

ピアノ仲間と、小さなクリスマス会を毎年やっています。
今年は「愛の挨拶」を先生と連弾する事になりました。

私は超、緊張症なんです。
普段のレッスンでさえ、ダメなんです。
先生の前のピアノの椅子に座った途端、異様な空気が漂い、息をするのも忘れるくらいコチコチになり、ボロボロの間違いだらけなんです。
あぁ、こんなはずじゃないんだけどなあ。
家では弾けるんだけど。
テープにでも取って来て、教えたいくらい。
帰り道は脱力です。
普段でさえ、毎回毎回こんな事やってます。
馴れ!なんていう言葉は私には通用しないようです。
乗り越えられない、大きな壁です。

今まで、発表会も何度か経験していますが、一回として満足のいく演奏が出来たことがありません。
ミスタッチならまだいい方。いつも間違えたことの無い箇所がどういうわけか間違えてしまったり、止まってしまったり、手の震えがどうしても止めることが出来なく、鍵盤を押さえる指がフニャフニャ。
そうなると頭が真っ白です。
みんな同じですよ。って良くいわれますが、他の人は落ち着いて、堂々と見えるんですよね。
中には、緊張感がいいって言う人もいるけど、私には理解できません。
まだまだ、修行が足りないです。
緊張の対処法、いい方法ないですかね~~??

人間目標がないと、成長しないもんです。って、何人もの人に言ってきたけど、自分の事になるとこんなもん。小心者に変身です。
こういう機会って大事なんだって知っているけど、出来れば出たくないんです。

たかが、趣味のピアノじゃん。
今さら音大にでも入るわけじゃあるまし・・・
好きで弾いてればいいのよ・・
気楽にやろう・・
って自分に言い聞かせつつ、クリスマス会のことを考えると、クシュンです。(-_-;)

もう、こんな時間!ごちゃごちゃ言ってないで、練習するしかないかな?
頑張ろう・・・・・

この記事へのトラックバックURL
http://syunnarigato.blog81.fc2.com/tb.php/23-16f6d5de
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
同じで~す!
私は声楽の習い始めがそうでした。習いに行っている時も緊張していて
ガチガチでした。
発表会の度に「私はオペラ歌手に成りたい訳じゃないので、出来たらパスさせてください」と泣き言を。歌は自分が楽器なので緊張したらまず音が出ませんから、もっと最悪です。
間違ってもピアノは音が出るから羨ましいです。
中にはステージ大好きと言う人もいます。
私も信じられません。
お互いに試練ですね。継続は力なり。頑張らないけどあきらめない。と言いつつのレッスンです。
Posted by ロココたえ at 2006.11.18 17:42 | 編集
なるほど、そうなんですか?緊張すると、歌は声が出ないんですか?
ピアノは、いちかばちか、鍵盤叩いて、これでもない、あれでもない。って感じですね。
声楽も奥深そう・・・

ピアノは、一生の趣味として、続けていきたいと思っているのですが、
試練を乗り越え、ちょっとだけ旨くなるならば、
「まぁ、いっか!しゃーない!」と思うしかないですね。
でも、気が重い^_^;
Posted by 未来 at 2006.11.19 16:49 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。