--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014.06.25

アンの家♪

芦別にある、カナディアンワールドのアンの家を見てきました。
小説「赤毛のアン」の建物等を忠実に再現した、バブル時代に造られたテーマパークだったのですが、経営不振が続き
1997年に閉園してからは市が譲り受け、今は市の公園として無料で開放されています。

NHKの連ドラ「花子とアン」の影響で、少しは人が出ているのかと思っていたのですが、駐車場は空っぽ、従業員すらいなく
中に入っていいのかどうかも躊躇しました。
「花子とアン」が大人気なのに今だ、こちらが注目されないのか不思議な事です。

この日全部閉鎖していた、広いテーマパークの建物は土、日だけ営業だと後で知りました。
パーク内のトイレも電気がつかなかったし、手洗い場は虫がごろごろ死んでいて、帰りがけに会った管理さんのような
おじさんも無愛想だったし、もう多分私はここは行かないと思います(怒)

平日はアンの家だけ解放されていましたので、写真だけ撮ってさっさと帰ってきました。


(1)
P6040633.jpg

(2)
P6040650.jpg

(3)
P6040648.jpg

(4)
P6040670.jpg

(5)
P6040661.jpg

(6)
P6040663.jpg

(7)
P6040658.jpg

 ← 応援ポチ、お願いします
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ


この記事へのトラックバックURL
http://syunnarigato.blog81.fc2.com/tb.php/1754-8626a7e6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
バブル時代のものなのに綺麗に保存されてますねぇ^^
こんな物があったとは知らんかったです。
公園内のトイレまでは手が廻ってないみたいですが(笑)

赤毛のアンって読んだことが無いっす(汗
Posted by HS at 2014.06.26 05:12 | 編集
おはようございます。
アンの家の内部を見ると、
生活という香りが漂う
そのような演出に纏っていそうです。
全部に応援
Posted by Luxio at 2014.06.26 05:39 | 編集
そうなんですよね。わかります。
ちょっとしたことですけど、大事ですよね。
光の加減とか、小物とか素敵に見えます。
本当に素敵なお家なら、もっと見て欲しいですね。
Posted by mikan31 at 2014.06.26 08:19 | 編集
部屋に入ると
アンが 元気な声で
話しかけてきそーな雰囲気ですね
アンの様に この部屋で
あれこれ 空想しそう^^
Posted by kotone at 2014.06.26 08:42 | 編集
こんにちは^^

国が管理するようになると、そうなりますよね...
前に近所にあった公園もそうだったなぁ…
観光地にする気持ちがないんでしょうか^^;
せっかく綺麗な場所なのに、もったいない><

お写真、とても素敵ですね♪
アニメのワンシーンを思い出します。
ちょっと見に行きたいなぁ…
Posted by ひろ at 2014.06.26 13:37 | 編集
今晩は
こちらの管理体制は別にして
2枚目、超格好良い!そして痺れてます
もう「叫びそうなブルー」に陽が射し込んで最高
Posted by ケンケン at 2014.06.26 22:22 | 編集
HSさん
バブルで失敗したケースは多いですね。
この場所は、バブル時代には随分と人気があったのですよ。
広すぎて市の方も管理できないのでしょうね。
ボランティアを募集しているようです。

赤毛のアンは女の子なら知っている人多いと思いますよ。
Posted by 未来 at 2014.06.27 21:08 | 編集
Luxioさん
このアンの家だけはきれいにしていました。
一番のメインなので当然だと思うのですが。
女性はこの家にあこがれる人は多いと思います。
Posted by 未来 at 2014.06.27 21:11 | 編集
mikan31さん
無料だからしょうがないのかも知れませんが、人手が足りないのでしょうね。
アンの家の中は素敵に飾って、きれいにしていたのですが、他のテナントは建物の傷みも目立ち、もったいないなと思いましたよ。

連ドラは面白くて、毎日見ています。
Posted by 未来 at 2014.06.27 21:18 | 編集
kotoneさん
赤毛のアンにあこがれる女性多いですよね。
感動の名作として、いまなお世界中の人々に愛され続けていますよね
アンの の中は素敵に飾ってありましたが、
教会やリンド婦人の家など小説に出てくる建物が再現されているのですが、建物事態が傷んでいて閉鎖されていました。
Posted by 未来 at 2014.06.27 21:24 | 編集
ひろさん
ここは、観光ガイドにも載っているところなのですが、人のいなさにはびっくりしました。
バブルの時代の赤字で倒産したところはたくさんありますよね。

アンの家は素敵でしたよ。
女の子が憧れるグッズもたくさんありました。
こういう写真はあまり撮ったことがないのですが、そう言っていただくとうれしいです。
Posted by 未来 at 2014.06.27 21:43 | 編集
ケンケンさん
嬉しいコメントありがとうございます。
ケンケンさんの好きそうな被写体ですものね(笑)
良い光が窓から差し込んでいて意識して撮ってみましたが、
ケンケンさんから言われるとうれしいです。
室内の撮影は暗くて失敗作も多かったです。
Posted by 未来 at 2014.06.27 21:46 | 編集
こんばんは。
対応が悪いと腹が立ちますね。
凄くいい写真ですよね。赤毛のアンですね。
良い雰囲気です。
↑のオンネトーはとても素敵できれいですね。
別世界のようですね。
Posted by Bina at 2014.06.28 23:21 | 編集
Binaさん
北海道の芦別市というところに、全く同じアンの家が再現されています。
家の中は女の子が憧れそうな可愛いグッズがいっぱい、装飾されていました。
この家だけ見るには問題ないのですが、森の中を開拓してカナデアンワールドを作っているので、人が入らないのが残念です。

オンネトーは私も大好きな場所です。
Posted by 未来 at 2014.06.29 11:19 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。