--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.08.28

ロールと廃屋♪

毎年ロールのある風景を撮っているのですが、今年はタイミングがうまく合わず、広い大地に転がっている
風景は撮れませんでした。

お盆を過ぎたころには、すでに刈り込みが終わり、ロールを運ぶ作業も終わっていました。
ちょうど移動中に作業の途中と思われる、ロールに串刺し状態のトラクターを見つけました。。
ロールは400キロ近くあるらしいのでこれで持ち上げて運びます。


IMG_2499 1

↑のロールが刈られた土地の奥にぽつんと見えた木造の廃屋が気になって、近づけるところまで寄って見ました。
廃虚と言えば、雑草が生い茂った中に崩れかけた家って言うのを想像しますが、ここは周りをキレイにして、
しっかり家の形が残っていて、裏山から蝉の泣き声だけが響き、なんとも写欲をそそる家でした。

IMG_2535.jpg


色んな理由から残してあるのでしょうが、ロールが刈られた土地とこの家をぐるっとロープが張られていて、
土地の持ち主さんの管理の良さ、歴史ある旧家、色んな想像が膨らみました。
出きれば、このまま崩れず残っていて欲しい、、そんな勝手なことを思いました。
IMG_2516.jpg


 ← 応援ポチ、お願いします
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ


この記事へのトラックバックURL
http://syunnarigato.blog81.fc2.com/tb.php/1599-f1594153
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
古いお家
今は 誰も 住まわれてないけれど
見てると 
そこに 人が 居て
生活してる 場面が 頭に 浮かんできますね
Posted by kotone at 2013.08.28 20:13 | 編集
こんばんは。
廃屋の様子を見ていますと、
農家という生活の余韻が
消えているなと実感しております。

追伸:今月の下旬から
去年の秋に開設したブログに
シフトしております。
HNを押しますと、こちらにアクセスする事が出来ますので、
よろしくお願いします。
全部に応援
Posted by Luxio at 2013.08.28 22:00 | 編集
kotoneさん
こういう家を見つけるとつい足が止まってしまいます。
歴史の少ない北海道ですから、廃屋は身近な痕跡かな~と色々想像が膨れます。
廃屋でも中はきれいに片付いている気がします。
Posted by 未来 at 2013.09.01 23:54 | 編集
Luxioさん
この家は、この土地の持ち主の一代目の方かなと色々考えてしまいます。
私の祖母の家もこんなつくりだったことよく覚えています。

別なブログ了解いたしました。
先ほど訪問してきましたので、またよろしくお願いいたします。
Posted by 未来 at 2013.09.01 23:58 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。