--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.02.07

ピアノと、お出迎えのクリスマスローズ

今日は、ピアノのレッスン日でした。
ベートーベン『月光』の一回目のレッスンです。
二週間練習期間があったのですが、結局譜読みが最後までいかず、先生に、「♯の曲が今まであまりやっていなくて、とても苦労しました。手の開きも厳しかったです・・」と言い訳を・・
やったところまで弾いて見てもらい、「一回目でここまで出来たらいいですよ。」と言われ、メロディラインの響かせ方、ペダルのタイミングを集中的に教わりました。

先生はほめ上手です。ピアノが嫌いにならないように決して無理な事は言いません。
自分にあわない曲なら、途中で止めてもいいとまで言ってくれたのですが、真ん中の三小節が一番難しいところなので、ここをクリアーしたら後は楽だから、もう少しです。・・と励ましてくれました。
譜読みの苦手な曲、自分の弱点に気がついただけでも、良い勉強だったと思っています。
来週まで、少しでも進めば、それで良しとしよう。
自分のペースでやって見ます。

気持ちを入れ替え、家に帰って、クリスマスローズを覗いたら、私の悩みなんてちっぽけに思えてきました。良く咲いているね。綺麗だね。と話しかけながら、夢子さんになっています。
どうかどうか、来年も咲いてくれます様に。

このまま鉢で育てようと思うのですが、水遣りのタイミングが良く分からない。
2日に一回くらい水をやっているのですが、それでも土がやけに乾いている気がするのですが・・

玄関の出窓の特等席でお辞儀をして出迎えてくれます。
外からも見え、中からも見え、目に付くところに置いたら気になってしょうがありません。

s-07020315.DSCF0075.jpg

s-07020714.DSCF0023.jpg

s-07020714.DSCF0016.jpg

s-07020714.DSCF0014.jpg

s-07020315.DSCF0076.jpg

今日の温度
午後4時
マイナス1度
今朝の最低気温
マイナス6度


今の時期、北海道はスケソウダラが美味しいです。
定番の冬の鍋にはかかせられません。
タラコも産卵期で塩漬けされます。

この記事へのトラックバックURL
http://syunnarigato.blog81.fc2.com/tb.php/102-22cddcdc
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
おぉ~v-405すごいじゃないですかv-424
いいなぁ…私はいつ弾きに行けるのかな??
早く合わせてみたいですv-341
もう少し繋がるようにならんと無理かな…
連弾だから、呼吸を合わせるのも大変なんでしょ?
未来さんみたいに楽しい連弾が出来るといいなぁ。
Posted by lunaはち子 at 2007.02.07 23:14 | 編集
未来さん、自分はここが苦手、と言うところが分かったらほぼ出来たも同じだと思いますよ。
と他人の事は冷静に言えるのですが
自分のことになるとそうも行きませんよね。
でも出来なかったところが1つでも出来るようになったらそれだけでも凄い進歩です。
声楽も同じなのですよ。
響かせ方が一箇所でもうまく出来たら先生がもの凄く褒めてくださるので、やる気が出てきます。
それにしてもクリスマスローズが可愛いですね。
お花をみると気持が吹っ切れてホント夢子さんになりますよね。
私は鉢植えで持っているダブルのクリスマスローズも外なので、家の中での管理が良く分かりませんが、
乾燥気味にしてあまり水のやり過ぎにならないように
した方が良いのではと思います。
カラカラにしてドッサリやるは、どの鉢植えも一緒だと思うのですが。受け皿に水を溜めたら絶対に駄目ですよ。
外で下から流れ出るまでたっぷりやってお水を切ってから受け皿に置きます。
私はこの方法で家の中の鉢は管理しています。
北海道は美味しそうな物が沢山ありますね。
先日の毛ガニもとても美味しかったです。

留萌が良い線だったらしいので
苫前!(上に行きすぎたかな?)

Posted by ロココたえ at 2007.02.08 06:20 | 編集
ハチ子さんへ
連弾は、そうですね。
当たり前だけど、自分だけ弾くだけじゃダメみたいです。私も、呼吸の合せ方、随分苦労しました。フェルマーターとか、リタードとか出てきて、自分の感覚と、先生の感覚が違って、延ばすタイミング、次の音に入るタイミングがずれて最初はバラバラでした。自分の事で精一杯で余裕がありませんし、上手に先生は合わせてくれましたが、良い勉強になりましたよ。
でも、またやって見たいと思いますよ。
Posted by 未来 at 2007.02.08 19:55 | 編集
ロココさんへ
励ましの言葉ありがとうございます。ピアノも、声楽も共通点が結構ありますね。
乾かしぎみに管理を心がけているのですが、暖房のせいなのですが、室内の乾燥があまりにもひどくて、花瓶の水も蒸発してなくなるのが早いし、ロベリアの鉢も朝起きたときには、土がカラカラで葉も花もダラリとなっています。水をやってしばらくすると復活するのですが、毎日この繰り返しです。洗濯物も半日で乾くんですよ。私の喉もひりひり、植物もきっと悲鳴上げていますね。毎日、加湿器と仲良しになっています。

留萌は良い線じゃないよ。へへ^/^
Posted by 未来 at 2007.02.08 20:09 | 編集
未来さん、尋常ではない乾き方ですね。
声楽をする人はどうやって喉の管理をしているのでしょうかね?
鉢植えの管理が本当に難しいですね。
ダブルのクリスマスローズが心配!
暖かすぎるのは絶対に良くないです。
洗濯物は便利で良いですね。
乾燥し過ぎて鼻血とか出ませんか?
こちらは花粉症が始まって辛いです。

留萌は良い線じゃなかったの?v-431
Posted by ロココたえ at 2007.02.08 21:41 | 編集
鼻血は出ませんが、鼻の中はかさかさです。
花粉症は北海道はないんですよ。杉の木がないからでしょうか?こちらの山は、白樺と松ばかりです。いいこともありますね。
Posted by 未来 at 2007.02.10 16:27 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。