--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.12.31

ブログに感謝です・・

ブログなんか書いている場合じゃないんだけど、煮物をコトコトしている空き時間です。
今年も残すところ少し。
今、年末ジャンボ宝くじをPCの横においています。
今年はこれに夢を託すしかないと、気合いを入れて「エイ!当たれ」と念力を一発。
発表までもう少しですね。

当たる事、想像して、当たったらどうする?なんて考えています。
こんなのに縁がないくせに、バカですねぇ~
でも、でも、でも、当たったら、、、
いきなり大きな買い物もできないし、周りに気づかれてないようにひっそり、普通どうりに仕事行って、普通どうりの会話して、誰もいないところで喜びに慕って・・わぁ~怖~二重人格者になってしまうぅぅぅ。
いや~~ 秘密なんてやっぱり無理だわ・・
言いたくて、言いたくてしょうがない!言っちゃうでしょうね 『3億円が当った!』って!!!

贅沢は言いません 10万円で結構! 私にくださ~~い。

★最後に皆さんに真面目な挨拶を・・(^^♪
今年はこのブログを通じていろんな方に出会えて、楽しかったです。
こんなに自分と同じ考えを共有し合える仲間がいるって幸せですね。
のほほ~んと過ごして来た一日を、ブログを書くことによって、毎日の生活を振り返る時間が出来た事は貴重でした。
皆さんのおかげで、自分自身のレベルアップに繋がったように思います。
来年も頑張って更新したいと思います。
ありがとうございましたm(__)m

オット、煮物が呼んでいます・・
それではまた来年会いましょう。
皆様、良いお年を・・・
スポンサーサイト

2006.12.30

レジでイライラ!鶏肉でニンマリ!

今日はお正月の買出しに、近くのスーパーに行ってきました。
どこも込んで、人、人、人。
レジの前は長い列が出来ていて中々自分の番まで進まない。
並んでいる人は、まだかまだかというような顔で、首を伸ばしながら前を覗いています。
こんなに込んで、みんな待っているのに、レジにはやっぱり 「決まりごと」 があると見え、レジの女性、いつもと同じ、「いらしゃいませ」とスローテンポに挨拶して、これまたスローテンポに手を重ねてお辞儀して、スキャナーを通しながら、これまた丁寧に籠に並べ、お金を出すと、おつりの札の表を数え、ひっくり返して裏を数え、また表にひっくり返して数え、さらに「ひとまず、お札で、5,6,7」とトランプのように数えて渡してくれ、こっちの手に渡るまで4回も数えた事になります。
終わったと思ったら、「ありがとうございました。またのお越しをお待ちしております」とか言って、また手を重ねてお辞儀をして、バカ丁寧なのも、今日ばかりは、お辞儀なんていいから、早くしてくれ!って叫びたくなりましたよ。

家に帰って、買い物袋の整理。
鳥のもも肉を冷蔵庫に入れようと思って、パックの値段を見たら、2枚で153円。
あれ!どうしてこんなに安いんだろう。と値段のシールをよくよく見たら、100g108円のはずが、100g38円になっていたのです。間違ったんだ~。値段を付け間違えたみたいです。
慌てて、レシートを確認したけど、やっぱり153円になっていました。(内心シメシメ)
あの、山のようになっていた鶏肉のパックがみんな38円なんだろうか?たまたまこれだけだったのだろうか?知ぃらない!
いづれにしても儲けました。(^^)v
もう少し買ってくれば良かったと悪知恵が・・・

レジのイライラも、鶏肉のおかげで吹っ飛んでしまいました。


2006.12.29

仕事納め

私の今年の仕事納めは、今日の午前中で終わりました。
私の仲間が毎年、何人もやめていきますが、何とか今年も頑張りました。
仲間の辞める理由はストレスが一番ですね。
私は案外、コントロールが上手なんですよ。ノー天気だからかな?
長続きの秘訣は、家に帰ってまで引きずらない事、切り替えが旨い。と自分では思っているのですが、これはO型の特徴でしょうか?
それと、フルタイムじゃないのがいいですね。
殿方様に怒られそうですが、仕事の片手間に時間作って、好きな事やって、お気楽に生きてます。仕事も、学ぶ事が多いし、自分のため、趣味も楽しいし、自分のため、このバランスがいいのかなと、自己分析しています。

趣味を持っていることは大事ですね。ピアノやったり、音楽聴いたり、本読んだり、最近PC依存症で一日24時間以上あればいいと思う事がありますよ。寝る時間がモッタイナイ。
やる事がいっぱいありすぎるんですね。

好きな事をやっている時は、仕事の事は忘れられますからね。
ストレスも、プラス、マイナス、ゼロですよ。
2006年頑張られたのは、次から次へと手をだす、自分の性格のおかげかなと思っているのですが。

自分の事ばかりやって、主婦業はさっぱりなので、明日からお正月の準備です。
主婦にも仕事納めがほしいと言ったら怒られそうですね。
私の場合、いつも仕事納めですから。
もう、日にちがないですね。ツケが回って来そうです。
何とかなるでしょう。いや、何とかします。させます。

2006.12.28

ベートーベン「ADIEU」とゴディバ・・

今日は、今年最後のピアノレッスン日でした。
次のレッスンの曲を、何にしようかと自分の持っている楽譜を探しながら、候補を3曲くらい持って、先生と相談しました。
弾きたい曲はたくさんあるけど、私の今のレベルで弾けるかが一番問題で、自分の手の届く範囲で決めました。
1、ベートーベン 月光の曲
2、ベートーベン ADIEU TO THE PIANO
3、モーツアルト トルコ行進曲

先生はどれも、譜読みは簡単だと思うけど、2のAdieuは簡単すぎますね。といわれました。
じゃ、それにします。と即答し、楽な方を選んでしまいました。
なんたって、左手の音符が少ないので、何とかいけそうな感じです。

Adieuはあまり、知れわたっていない曲ですが、ベートーベンが耳が聞こえなくなる直前に作曲したらしいです。
なるほど、曲名の「ADIEU TO THE PIANO」とは日本語に訳すと「さらばピアノ」というらしいです。
ベートーベンが、ピアノをさらばする思いで作った曲でしょうかねぇ。
とてもロマンチックな、切ない曲です。
楽譜だけ見ると、簡単ですが、中身が濃そうです。
こういうスローテンポな曲ほど難しいんですよね。
2週間自主練ですが、お正月は弾けなくなりそうなので、どこまでもっていけるか心配なのですが。

s-06122516.DSCF0134.jpg

昨日、英字新聞と一緒にゴディバのチョコをお土産にいただきました。
いつも、直営店で買ってくるらしく、昨年もそうだったのですが、向こうはラッピングも凝っており、日本とは、ひと味違います。
黄金の箱にリボンで結び、赤い鈴の葡萄のようなのがアクセントについています。
振ると、カラカラ、いい音がするんですよ。
高価なので、自分では中々買えないのでとても嬉しいです。

06122516.DSCF0135.jpgなんと二段重ね
全部独り占めです

06122516.DSCF0140.jpg全く読めましぇーん。
有名なトリュフチョコはどれだと、探しました。かろうじて、Truffles.が読めたけど・・ ふうーん!10種類あるのか・・しかし、何がなんだか??

         読みたい方は画像でクリックどうぞ!


2006.12.27

待ってました!英字新聞♪

s-06122516.DSCF0131.jpg

今日は、ロサンジェルス在住の知人が、お土産を持ってやってきました。
お正月の、お里帰りです。
私は、この知人が来るのを楽しみに待っていたのです。
実は、今度来る時に英字新聞を持ってきてほしいと頼んでありました。
どっさり持ってきてくれ、中身を見てびっくりしました。
英字新聞の色んな会社のもの、韓国、中国の新聞まで集めてくれたようで感激いたしました。

さて、何に使うと思いますか?
「もちろん、読むんですよ。」って言ったらカッコがいいのですが、英語は大の苦手。
おそらく、今では中学レベルの英語しか分からない私です。

読みなさいと言われれば、頭がくらくらして卒倒しそうですが、
眺めているだけで、頭が、さえまくり色んなアイデアが浮かんできます。
どうやら、私は、左脳より、右脳の働きの方が良いようです。
左脳の脳細胞は、もうかなりいかれていますので・・

ラッピングにしたり、小物のアクセントにしたり、絵のオブジェに使ったり・・
このアルファベットがいいんですよ。
英字新聞は、カラーがとても綺麗で、日本の日曜版のようなのは、写真も多く夢が膨らみます。
人物が入っていれば、なおグーです。

主人が帰ってきて、この新聞を見てびっくり。
今度は何をしでかすのかと、あきれ顔で見ていました。
「次から、次へとやる事があっていいな~」と一言。
よく考えたら、皮肉にも取れる言葉ですが、素直に受けとって、好きにやらせていただきます。


2006.12.26

白衣を着ないお医者様・・・

私は、介護の仕事をしているのですが、今日は視力障害者の同行で脳外科に同伴いたしました。

私自身も始めていく病院なのですが、名前を呼ばれ、診察室の中に一緒に入ったのですが、そこに座っていたお医者様はジーパンに、スニーカー、黒のダウンジャケットの格好でカルテになにやら書いているのです。
え?この方が先生?と目を疑いましたが、まぎれもなく、40代後半の脳外科の医師でした。

白衣は医者のシンボルのはずなのに、普段着のまま診察しているお医者様なんて、見たこともないでしょう。 それに、ジャケットくらい脱いだらいいと思いませんか?
ここの病院は、常に3,4人の医師は待機しているはずなのですが、この先生外から今入って来たのだろうか?他の先生はどうしたのだろう?色々想像してしまいますが、先生のお休みの時間に私たちが行った訳でもなく、診察時簡にちゃんと行っているんですよ。

年末で病院も込んでいて、次から次へと患者さんはその先生の診察室に入っていきました。
いつもこんな格好で診察しているのだろうか?
初めて行った私たちは、ただびっくりするだけだけで、待合室で会計を待ちながら、その話を利用者の人としていたら、隣にいたおばあちゃんが、「ここの先生は、みんなそうなんだよ。いつも白衣は着てないよ~」と教えてくれました。

そういえば、昔、私も金融会社に勤めていた時に、事務服が廃止となり私服で事務を取っていたことがあったけど、今はそういう企業も多いけど、医師もそれと同じなのだろうか?
時代も変わって、病院の方針、医師のあり方も色々あるのでしょうけど、私は、古い人間なのかも知れませんが、お医者様は、権威を感じさせる白衣を着てほしいと思ってしまう。
なにかありがたみが薄いような気がしてしまうのです。

それにしても、スニーカーにジーンズはいただけませんよね。
ダウンジャケットの中が気になりますが、Tシャツ、トレーナーの部類でしょうね~おそらく・・・



2006.12.25

ターシャからのクリスマスプレゼント

今日でクリスマスは終わりですね。
NHKで、今日やっていたドキュメンタリー「ターシャからの贈り物」
いい番組を見させていただきました。

アメリカに住む絵本作家のターシャさんは91歳。
ご自分で作り上げた、東京ドーム20個分の大地。
子供の頃、黄色いバラに見せられて、自分の庭を造りたいと思い、57歳から丹精込めて今の庭を作り出したのだと言う。
その巨大な庭は、緑に囲まれ、四季折々の花に囲まれ、自然の空気を吸って、お庭でハーブティを飲み、秋には手作りの果物を収穫し・・
なんと夢のような、贅沢な、でも誰でも憧れる姿です。

自分を信じ、夢を信じ、努力すれば、光り輝く世界が待っているとターシャさんは言っています。
その、夢がかなった幸せな人生。
その理想的な生き方は、羨ましい限りです。

以前にも一度NHKでターシャさんの庭を拝見いたしましたが、本当におとぎの国のようです。
庭作りは最低12年掛かるという。
自分の庭をどこまでも素足で歩く、動物に優しく語り掛けるターシャさん。
それが自然であり、ありのままの姿なのでしょう。
お庭に対する深い愛情が感じられました。

四季折々の美しいターシャの庭の映像を見ながら、ターシャさんの色使いの綺麗な絵本を眺めながら、心も、優しくなれたような、そんな魔法をかけられたようないい時間を過ごさせてもらいました。
何よりの、クリスマスプレゼントでした。

こんな風にいい歳のとり方をしたいものですね。

私も、理想はターシャさんのようなお庭を目指しているのですが・・
窓から眺める庭は、雪景色です。
早く土いじりがしたい・・・・
春の光が待ちどおしいですが、まだまだ先は遠いです。

s-DSCF0001.jpg

今朝、急いで写真撮りました。
今年のクリスマスバージョン、今日限りで見納めです。
明日片付けなければ・・・


2006.12.24

ディープインパクト カッコよすぎ!

今日は暖かく穏やかなクリスマスイブでした。
今年は暖冬で、北海道でも私の住むところは雪が少ないのですが、ホワイトクリスマスを期待していたのですが残念でした。

しかし、昼間の有馬記念は盛り上がりましたよ~
普段競馬は見ないのですが、今日は大騒ぎになっていて見てしまいました。
駒大苫小牧準優勝、日本ハム優勝の次は、ディープインパクトと、北海道の今年の歴史に残る出来事となりました。

ディープインパクトは私の住むところから、車で一時間ほどのファームで生まれました。
私の住む近辺も牧場が多いので、普通の馬は、普段から良く目にするのですが、馬がジャンプするって、始めてみました。
空を飛ぶように走るとは聞いていたけど、あの後半の追い込みは凄かった。
ごぼう抜きはカッコよすぎる・・
私は決して、競馬ファンではないのですが、ひたすらゴールに向かって走る姿、勝たなければいけないと言う、重圧に負けず本当に勝った強さには感動しました。
有終の美を飾れていかった、いかった!

私もカッコよく決めて終わりたいけどな~
いつも、かっこ悪く終わるのが現状なんで~すぅ。
ここまで書いたら、思い出したくなかった、先日のピアノの発表会を思い出してしまいました。
まだ、まだ精進が足りません。

今年で最後は惜しまれるけど、名馬であればあるほど、その子への期待が膨らむのが競馬の常。
今度はディーブの子供を応援します・
ご苦労様でした。そして、北海道バンザイ!!

2006.12.22

♪連弾「愛の挨拶」無事終了・・

昨日は、恐怖のピアノ、クリスマス発表会でした。
8人出席し、それぞれ一曲づつお披露目する事になっていたのですが、
どういうわけか私がトリを取る事になっており、自分の番が来るまで長~い!待つこと一時間
こういう時は、やはり先にやるに限りますね。
やっと番が来たかと思ったら、心臓の鼓動が急に早くなりだし、一瞬頭の中が真っ白になった気がします。
先生の伴奏が始まって、私が弾きだし、どうにか最後までいきましたが、途中、左手がついていけなくなって、二小節くらい、右手だけでごまかし、危機を脱しました。
多分、スッチャカメッチャカだったと思いますが、あまり思い出したくありません。
まずは、終わってやりやれデス。
全員の演奏が終わった後、ビンゴゲームをして、これまた、一番最後にビンゴ!
ですが、残り物には福があった様で、一番いい景品が当たりました。

そうそう、生牡蛎は、ピアノ仲間に話したら、ぜんぜんそういう風評、世間の騒ぎなんて気にしない。という人が現れて、捨てるなら、もらうわよ。と言われ、慰謝料は請求しないでねと冗談言って、もらってもらいました。
捨てる神あれば拾う神ありとはこのことですね。アレ?ちょっと使い方が違うかな?
一件落着です。

2006.12.20

困った!生牡蠣です・・・

s-06121920.DSCF0098.jpg

お歳暮で生牡蠣が届いたけど、これって・・?
毎年届く、岡山産の殻つきの立派な牡蛎なのですが、今年も牡蛎が届くとは・・
去年までは確かに嬉しかったのですが。
この辺のスーパーには売ってないプリンプリンとした大きな牡蛎は、私の大好物なのです。
鍋にしたり、フライにしたり、焼いたり、グラタンにしたり、生で食べたら最高・・・おっと、ヨダレが出てきます。
本当に美味しいのは判っているのだけど・・

ねえ、牡蛎いらない?って友人に聞いたら
あ、あ、毎年頂いているやつね。
あれ、美味しいよね・・・
と、言ってしばらく沈黙・・
うぅぅー!今年は遠慮するよ。誰かにあげて・・・と断られました。

誰かにあげるたって、誰に?誰もいらないよね。
お隣さんは、おばあちゃんだし、お向かいさんも病みあがりだし、何考えれるの!といわれそう。
私が、あげた人に、大丈夫かな?なんていつまでも心配するのはイヤだし、悪者になるのはもっと怖いし、夫も出張で週末まで帰ってきません。
こうなったら、自分ひとりで何とかせねば・・・

毎日のようにニュースでやっていれば、手も出せませんよ~。
私も変なところに気が小さいのです。風評に弱い私です。
牡蛎の箱を横目でにらんで、ゴクンと生ツバ・・・
意思の固いところを見せていますが、そうこうしているうちに、一日がたってしまいました。

2006.12.19

ピアノの録音してみました・・

今日も寒い一日でした。
先日買ったMDウオークマンで初めてピアノの録音をしてみました。
置く場所が中々定まらず、上に置いたり、横に置いたりして色々試してみました。
場所によって、録音の音が微妙に違うので、これから色々研究してみたいと思います。

今のMDって凄いんですね。本当にこれは優れものです。
今までのラジカセに比べたら、ウンデンの差ですね。やっと時代に乗かったみたいで嬉しいですよ。
アナログ録音でここまで出来るのは感動モノでした。
マイクにも色々あって、ライブ用って言うのを購入したのですが、感度が良すぎて、ちょっとした小さな音もキャッチするのには驚きました。
マイクを置く距離とかあるのでしょうけど、鍵盤のタッチの音までひろってるみたいです。

色々迷ったけど、MDにして良かったです。
練習に使うだけでなく、仕上がった曲を記念に取って置こうかなと密かに思っているのですが、はたして永久保存の価値があるでしょうか?

自分がいったいどんな演奏をしているのか、聴くのが楽しみなような、怖いような・・
現実をしっかり受け止めなければですよね。

s-06121916.DSCF0093.jpg

SONY 
正式名は、ポータブルミニディスクレコーダーって言うんですね。
録音、再生、ネットでダウンロードも出来ます。
小さくて便利ですね
私の手の平より小さいです



オマケです
s-06121921.DSCF0100.jpg


私の楽譜棚の一部です。
ただ、飾ってあるだけの楽譜多数。トホホ・・T_T;





2006.12.18

クリスマスの飾り物・・・

s-06121308.DSCF0064.jpg

友人から、クリスマスツリーを手作りしたとプレゼントされました。
フェルトにビーズやらスパンコール、かわいい小物が縫い付けられていて手が混んでいます。
私は、こういう針仕事は一切ダメなんです。
ですので、人から頂くばかりです。
こういうことが出来る、手先の器用な人を尊敬してしまいます。
何年か前に、友人に誘われて市の講座でパッチワークを習った事があります。私が、乗り気でないのに、付き合ってほしいと言われ、無理に連れて行かれました。
その時は、化粧ポーチとタペストリーを作りました。

一個一個、手作業で時間が掛かるのが、私の性格には、むいていませんでした。
たぶん、二度とやる事もないと思います。
針仕事は、私の一番苦手な分野なんですよ。

ただ、講師に、色のあわせ方が上手とお世辞を言われたのを覚えています。
一緒に行った友人に、絵をやっているからセンスがいいのね。
なんていわれ・・・
あまり、関係ないと思うけど、でも誰に何を言われても針仕事はご勘弁です。
私は油絵をやります。20年以上になります。良く続いてます。

s-06121417.DSCF0076.jpg

ミニオブジェです。
小樽の北一ガラスで購入したガラスのクリスマスツリーです。
ツリーの横は、そりに乗った雪ダルマです。
小さいですので場所をとらなくていいですよ。





頂いたフェルトのツリーと一緒に玄関に飾っています
出すのも楽、片付けも楽・・
だんだん、こんな風になっています。





2006.12.17

クリスマスローズを求めて・・・

クリスマスローズの八重の苗を求めて、何件か園芸店を回りましたがまだ入荷していませんでした。クリスマス前後に入荷するそうで、来週また行ってみたいと思います。
交配種のため、ラベルの花と実際の花が違うという苦情が、以前にあったそうで、しっかり花が確認できるのを仕入れるので、遅くなるそうです。
でも、八重が入ってくるかどうかは未定だそうです。

クリスマスローズは、毎年今頃、購入するのですが、冬咲き種なので、花の少ない時期の貴重な花です。クリスマス時期に、バラに似た花が咲くので、この名前が付いたそうですが、なんとも愛らしい下向きに咲く花が気にいって、室内で育てますが、2,3月頃まで花が見れます。
八重は、写真でしか見たことがなく、やはりバラに似ています。入荷を楽しみにしているのですが、どうなる事か・・・

ネットで、いくらでも売っているのですが、冬場に花を買うのは苦い経験があり、やめています。
以前に、頼んだ花の苗が、発送途中に冷害にあい、届いた時にはお浸し状態でした。
苦情を言って、再発送してもらいましたが、2度目もまた、同じ状態でした。
責任の所在が、運送会社か、発送先業者か、もめていました。
結末は、北海道の人とはお取引できないと言われ、代金は返してくれましたが、後味の悪い思いをしました。

そんな経験があり、ネットのお買い物は好きなのですが、花類だけは冬場は買わないことにしています。


s-06121708.DSCF0083.jpg

花かんざしの苗がありました。
クリスマスローズが来るまでの代用品です。
名前も可愛い。
花もかわいいでしょう。





花柄摘みをしなくても、ずっと咲いたままで、このままドライフラワーになるんです。
日の良く当たる場所、高温に弱いとなっているのですが、この場所は微妙なんですが・・


2006.12.15

大掃除ボチボチしてますよ~

家事で一番嫌いなのが掃除。普段は手抜きばかりしています。多少汚れていても気にならない。いい加減な、大雑把なO型の私です。
でも、一旦やり始めると、徹底的にやりたくなるんです。
こんなに働くのも今の時期だけなのですが・・

と、言うわけで、一年分の掃除を始めているのですが、割り箸に、ボロキレ巻いて「松居棒」もどきを作って、気合をいれてやっております。

今日は、大仕事のリビングのワックス掛け頑張りました。
何もない部屋は広くて気持ちが良いですね。床運動が出来そうな部屋が私の理想なんです。
ピアノと、テレビ以外は隣の和室に片付けて、広くなった空間にワックス液をたらしてモップでゴシゴシ。これが、結構力がいるんですよね。
広くて大変。我が家のリビングは、24畳なんです。

もともとは、物を置くのが嫌いで、私が目指しているライフスタイルは、「シンプル・イズ・ベスト」の生活。新築して7年、余計な物は置かない、購入しないという生活をつらぬいているんです。
我が家に来た人、わあ~広いと言われるのですが、物がないからなんです。
それでも最小限あります。コーナー椅子とサイドテーブル、サイドボード、それとテレビ、どんとアップライトピアノ。
ピアノ以外は全部いらないと言いたいけど、お客様が多いので、しょうがなく置いているこれが最小限の家具です。
ですので、床運動はちょっと無理です。跳び箱くらいなら何とかなるかな?

本来は、物が捨てれない性格だったのですが、今は心を鬼にして捨てようと努力しているのですが、頂き物など、なぜかたまります。使わないので出さない。箱に入れたまま、見えない納戸にしまいこんだら最後、何年も忘れているものがたくさんあります。

明日は、やっかいな換気扇の掃除。
汚れ落としの新製品が入ると試してみたくなります。
「松居棒」なかなかいいですよ。

s-06121518.DSCF0081.jpg
グランドピアノがほしくて、リビングの真ん中に置きたい
って言ったら夫に却下されました


これで完成です。ピカピカでしょう?
あ、あ、腰が痛い・・・


2006.12.14

いい感じ♪家に入れたロベリア・・

寒くなる前に、家の中に取り込んだお花類はほとんど育ちません。
なぜなんでしょう?昨年も全滅でした。
ダブルインパチェンス、サフィニアが全部枯れてしまいました。
急に環境が変わるせいなのか、つぼみが落ち、ダニにやられたりしました。
家の中が暑すぎるのかもしれませんが、こればっかりは暖房を消すわけにもいかないし、温度管理が難しいです。風通しなんてほとんどゼロですし。

一年草の苗は、毎年買う事にしているのですが、サントリーのブランドの苗は、値段も高いし
何とか、家で年を越させたいと毎年苦心しているのですが、中々旨くいきません。
これらは、挿し木で増やしているのですが、挿し木で育てたものはどうしても咲くのが遅くなり、寒さで咲ききらないで終わってしまい事が多いのです。
それで、家に入れてやるのですが、旨くいかないんですよね。

今年も、どうせダメだろうと思い、ダメもとで、挿し木したロベリアを家に入れてみました。
サントリーのロベリアの新種です。今年初めて買ったものですが、さすがサントリー。
親株は溢れるように秋まで見事に咲いて楽しませてくれました。

こちらは、それを挿し木し、家に入れて2ヶ月くらいなります。
今、ボリュームも出て、少しずつ咲き始めています。
今年は、何とか家でも花いっぱいになればいいと期待しているのですが・・

s-06121409.DSCF0068.jpg

ロベリアは大好きな花なんです。
私の好むのは、こういう
小花系なんだって、
最近気がつきました




日の当たる特等席に置いてます。
他に、ダブル、インパチェンスも今のところ大丈夫

2006.12.12

ピアノのお話し・・・

今日は、ピアノの練習日でした。
『愛の挨拶』来週がいよいよ、人前でお披露目の日なので今日が、先生とあわす最後の日となりました。音楽的にはあまり細かい注意もなく、呼吸の合せ方を中心に練習しました。
多分それは、今から注意しても、私が困惑するだけという先生の行為だと思います。

出来としては、不十分だと思いますが、連弾初めての経験、止まらないで最後まで弾く。
という私の大きな目標はクリアしたので、これでヨシとしておきます。
後は本番まで練習あるのみです。
上がり症は克服できそうもないので、先生にフォローしてもらうのを期待したいけど甘いかな?

私が今の先生と出会ったのが一年前。
以前は違うところでレッスンを受けていました。
大人を対象とした生涯学習のピアノ教室でで3人一グループで、一人15分くらいの短いレッスンでした。
大人の初心者を対象とした教室なのですが、私のように子供のとき少々かじった事のある再開組は、別メニューでレッスンはしてくれるのですが、やはり15分では、仕上がりも雑で、物足りなくなって、それがイヤで個人レッスンの今の先生に切り替えました。

今の先生に経緯を全部お話したところ、音楽を楽しみたいですか?それとも上手になりたいですか?と聞かれ、両方です。と答え笑われましたが、それなら基礎から少しやり直しましょう。と言われ、ソナチネから始まりました。

先生が違えば、教え方も違うというのが実感しています。
今の先生は、私が、なぜ出来ないかを一緒に悩んでくれる先生。
出来ない事を不思議がらない先生なので、とてもありがたいです。
私のような出来の悪い生徒も良く面倒見てくれます。
生徒は先生を選べるけど、先生は生徒を選べないんだな~
お気の毒に・・・


2006.12.11

MDウオークマンを買ったのはいいのだけど・・・

ピアノの録音用のMDウオークマンをネットで買いました。
ICとどちらにするか迷ったあげく、機能がたくさん付いているMDにしました。
使いこなせなければ何にもならないのだけど、パソコンでネットMDを作れるので、便利かなと決断しました。今、取説を読みながら勉強中です。
何をかくそう、私は取説やら、マニュアルやら読むのが好きなんです。
でも、最近は読解力がなくなって、何度も何度も読み直し、ひとつ、一つ読みながら進めていく作業が遅くなりました。
そして、覚えてもすぐ忘れるのです。悲しいですね。

取説を読んでいるうちに”あれ!”と思いまいた。
ダメだ!マイクがない。
このMDにはマイクが内蔵していませんでした。
慌ててネットを見直したら、マイクが内蔵しているMDがちゃんとあったんです。
こんな筈じゃなかった!良く見て買えばよかった・・あ、あ・・

こういうのを読むのが好きなくせに、結構悩みながら買うくせに、私の場合、詰めが甘いと言うか、買ってから、このように後悔する事が多いんです。
これじゃ、録音できないと言う事で、マイクを買いにヤマダ電機に行ってきました。
行ったついでに、前から気になっていたナショナルの健康器具のジョーバに試乗しました。
これが、今人気のジューバか!揺られる事15分。しばらくすると乗り物酔い状態・・・
これって本当に効果があるんでしょうか?

2006.12.10

クリスマスにはジャズ・・・

大人のクリスマスには、ジャズがあいますね。
昨夜は、地元のカフェーレストランでクリスマスライブがあり、ジプシージャズを聴いてきました。
友人に誘われて行って来たのですが、よく知らない音楽ジャンルで始めて聴きました。
ヴァイオリン、ジャズベース、ギターが2本の4人編成です。
ヴァイオリンのソロとギターのソロがメインで生楽器演奏を基本にヨーロッパに古くから伝わるジプシーソングとアメリカのスウィング・ジャズのリズムが融合したジャンルだそうです。
一般的なジャズとは異なり、どこか哀愁の帯びたメロディーと時には激しいリズムが特徴です。

ジャズも、身近になってきましたが、その分多様化してしまって、とてもジャンル分けすることができませんね。クラシックとはまた違う、自由性というか、即興というか、演奏者の個性が現れるアレンジもジャズにハマる楽しさなのでしょうか。
私には難しくて、ジャズの分野は良く分かりませんが、自然と体が動く心地よさはジャズ独特の楽しさですね。

好みとしては、ジャズピアノがいいですね。
クラシックに比べたら100倍も難しそうで、ぜったい自分では弾けそうもありませんので、ジャズが弾ける人は尊敬してしまいますよ~。
譜面の通りも弾けないのに、「スイング」やら「裏拍」というリズムは、リズムオンチな私には、
スッチャカメッチャカのグッチャグチャになるのは目に見えています。
100年はやーい。自分の頭のハエでも追っていなさい。って言われそうです。

お酒、片手に聴き手に徹して、ノンベさんになっている方が私には向いているって事です、はい。

2006.12.08

お歳暮 ハム、ハム、ハム・・・

お歳暮が届く時期になりました。

主人の会社の関係で、お返しをしなくていいお歳暮が届くのですが、なんてったって、ただでもらえるので嬉しいのですが、今年はハムの詰め合わせが4箱もダブり、宅急便が来ると、箱の形でハムだなと思うと、また、ハム!とがっかりなんです。
それも、「日本ハム」ばかり。
他にもハムの会社あるはずなのに、なんで・・・
そうか、今年は、「日ハム」が優勝した関係で、安く手に入るんだなと一人で納得。
送る方も節約しているのだと思うけど、ハムはもういりましぇーん!
ロースハム、ポークハム、焼き豚、同じものばかりなんです。
第一、ハムなんて料理の方法が浮かびませんよ。
賞味期限だって一ヶ月くらいしかないんですよ。
あ、あ、別なのちょうだい!
出来れば、「プレミアム」の冠が付いた高級ビールって飲んでみたい。

夜に、友達が旅行のお土産を持って来てくれて、「ハムいらない」って聞いたら、家にも同じものがあると笑われました。
そんなに、「日本ハム」は、はやっているのでしょうか?

広島に旅行に行ってきたそうで、もみじ饅頭を持ってきてくれました。
この方がずっと嬉しい。やっぱり、お歳暮も喜んでもらえる品にしなきゃね。
この、もみじ饅頭、粒あんばかりだと思ったら、クリーム、チョコレート、抹茶、色々はいっているんです。楽しいですね。
そういえば、昔、漫才かでいましたよね。
もみじ饅頭を広げた二人?
誰だったっけ?今は何処へ?私も古い人間だ~。

2006.12.07

ブラックアイスバーンでした。

冬道の運転は、控えたいのだけど、やはり普段の生活で車は必需品で、どうしても車に乗ってしまいます。
運転歴は長いのですが、運転は余り好きではありません。まして冬場の運転は避けて通りたいですが、歩く方がもっと危険な事もあり(滑って転ぶ)乗っちゃいますねぇ。

今日は、夜に出かける用事がはいり、車を出しました。
昼間の雨が氷に変わり、ブラックアイスバーンでした。
タイヤは空回りするし、信号でブレーキは利かないし、横滑りするし、久しぶりの冬道の感触、
あぁ本当にこわかったぁ・・・。これでも四駆なんですよ。
やっとのおもいで、帰ってきました。
イヤだな~これから毎日のようにこんな日があるんです。

決して私が運転が下手なのではありません(多少それはあるけど)
冬場の急ブレーキはダメとか、ポンピングブレーキを使えとか、急ハンドルはダメとか、頭にはあるけど、そんなもの役にたちません。すべる時はすべるのですぅぅぅ。
普段なら鼻歌交じりに運転するような道も、なんか神経を使うんですよねぇ。こんな時だけは雪が無い地域の方が羨ましい…。

今日は、どっと、疲れました。
今からこんなんじゃ先が思いやられますが・・
なんせ、一年の3分の一が冬道なのですから・・・
皆さんも気を付けてくださいね。


2006.12.06

「愛の挨拶」練習の成果がちょっとだけ・・・

今日は、ピアノのレッスンでした。
「愛の挨拶」ちょっとだけ先生にほめられました。
まだまだ、完璧とはいえませんが、少しづつ手ごたえが出て来たのを私も感じて、心の中でニンマリしていました。
実は、この裏には努力がありました。毎日、凄く練習したのです。
出来ない焦りもあって、人前で演奏となると、意気込みも違って本腰いれました。
その成果が少しだけ出てきたのかも知れません。

新しい楽譜を見たとき、難しそう・・・弾けるだろうか・・・大丈夫だろうか・・
いつも不安だらけです。でも人間の力って凄いですね。
時間は、かかっても一歩ずつ、一歩ずつ練習を積み重ねれば何とかなるものです。
この繰り返しです。
やれば出来る、自分の可能性にチャレンジして出来た時の喜び、達成感、これがあるからピアノはやめられませんね。

私の周りで、習い事をしている人は少ないです。
趣味があっていいわね。と良く羨ましがられるのですが、自分の好きな事が続けられるのは幸せな事だと思っています。
自己満足でもいいから、自分の世界にひたれるのは、とても幸せな時間です。

一生涯、続けられるものがピアノでありたいと思っています。
ボケ防止でも何でもいいです。でも少しは上手になりたい・・
「継続は力なり」「好きこそ物の上手なれ」信じていいのかな?・・
「下手な横好き」で終わる可能性大だけど・・・

2006.12.05

モーツアルトとサリエリ

今日はモーツアルトの命日です。
映画「アマデウス」を昨日、BSでやっていて、また観てしまいました。
私をクラシックに目覚めさせた映画、モーツアルトの音楽を知る原点になった映画です。
映画っておもしろいですね。
数年経ってから見ると、まったく違う感想をもったりします。
モーツアルトの音楽の事はおいといて、今日は別な観点から書いてみたいと思います。

35歳で死んだモーツアルト。
映画では、モーツアルトはサリエリに毒殺されたことになっていまが、色んな説が出ていて本当のことは誰も分かりません。彼はモーツアルトのたぐいまれな才能に嫉妬し続け、自らの才能のなさを自覚し、モーツアルトを妬みます。

ところで、サリエリなのですが、私もこの映画を見るまでは、作曲家サリエリの名を知りませんでした。私の中ではサリエリは悪い人という印象だったのですが、再度見直すと、サリエリの人間性の描写がとても興味深かったです。実際にはサリエリは多くのオペラを作曲したと言われていますが、映画の中で、サリエリは全く無名の音楽家となってしまったかのような扱いですが、決してそうではありません。
モーツアルトのように後世に残る音楽を作らなかったので、名も知られていないのですが、当時の若い作曲家達に多くの影響を及ぼしたと言われています。
このような、大作曲家であったはずのサリエリが、なぜ忘れられた存在になったのか不思議です。

サリエリは凡人でした。
いとも簡単に音楽を作り上げてしまう天才モーツアルトには、凡人の苦悩など解ろうはずもありません。才能はないのに天才を理解する能力はあるというのは凡人にとってはあまりに辛い。

「私こそ、凡人の味方、凡人の王だ』見たいな事を最後にサリエリは言いました。

天才と呼ばれる人、学生時代クラスに一人くらい確かにいました。
スポーツの世界、芸術の世界でも、今でも花を咲かせる人は確かにいます。でも、たいていの人がこの映画のサリエリに当たると思うんですよね・・・
天才は、やはり別人格のような気がします。
”努力に勝る天才なし”ってよく言いますが、努力して、じりじりとのぼる人間の方が最後に勝利を招くという、受験生によく使われる言葉ですが、私は結構この言葉好きなんです。
努力だけではどうにもならないって事、確かにあると思いますが、諦めないで努力する。その過程に意味があるような気がするのです。

えらそうな事書きましたが、何かに一生懸命取り組んでいる姿って美しいです。
私は、凡人なので、努力あるのみです。私も美しく見えるでしょうか?

2006.12.04

寒い時には温泉ですね・・

一泊2日で車で2時間の近場の温泉に行って来ました。
温泉めぐりが好きで、良く行くのですが、冬場の温泉はまた格別です。

今時期の温泉宿は空いています。
宿泊はあまり、大きなホテルではなく中間どころの落ち着く宿にしてみました。
広い露天風呂も貸しきり状態で私を含め2名でした。
私は、知らない人でも、平気で声をかけたりする、変な人なのですが、相手の女性も話し好きの方で、九州から昨日来て北海道を観光するとの事で、すっかり向こうのペースにのってしまい、北海道の事を聞かれ、私はその女性から離れられなくなりました。
露天風呂で30分も長話して、すっかりのぼせてしまい、あがった時にはヘロヘロでした。
こんなところに来てまで井戸端会議(露天風呂会議)をするとは、思いませんでした。
と、言いながらお風呂に3回も入ってしまいました。

夜はマッサージを頼み極楽、極楽でした。

s-06120306.DSCF0034.jpg

いつもは、バイキングが多いのですが、今回は部屋食にして見ました。
どれから食べようか迷ったあげく、やはり私はお刺身から手が出てしまいます。
豆乳のしゃぶしゃぶは中々の美味でした。
上げ膳、据え膳はたまりませんね。

2006.12.02

北海道の家は暖かいです

いよいよ寒さが本格的になって来ました。
毎日外は寒いです。しばれますよ~
近所の人との挨拶言葉が「毎日寒いですね。冷えますね~」です。
でも、家の中は暖かいですよ。
我が家は、どの部屋に入っても同じ温度になるように設定されています。
住む人間にとっては家の中は快適なのですが、灯油代も上がり頭が痛いところですが・・

北海道の家は、本州のように雨戸などなく、そのかわり窓が2重ガラスになっていたり、サッシが2つある2重窓になっていたりします。
冬の寒さ対策で、壁や床には断熱材がたっぷり入っていて、高断熱、高気密住宅になっています。ですので、家の中はとても暖かく、薄着で過ごせます。

本州の人が来ると、「どうしてこんなに家の中を暑くしているの」と良く言われます。
北海道の人は寒がりだと聞きますが、私も寒いのは嫌いです。
私も逆に本州に行くと、こんな寒いのにと思うのですが、ストーブもつけないで平気な顔をしているのは慣れとしか思えません。
北海道の人の寒さに対する抵抗力は相当低いのだと思います。
厚着をして寒さをしのぐ、なんていう事は考えただけでもいやになります。
ほとんどの家は、1日中暖房をつけていて、もちろん寝ている間もつけています。
もしかして、日本で一番暖かい家は北海道かも知れませんね。

でも、でも、暖房費バカにならないんですよね。
快適な生活をするって事は、何かが犠牲になるってことなのでしょうか。
財布の紐がゆるむ、冬の北海道です。

2006.12.01

師走になってしまいました・・

今日から師走ですね。何もしなくても季節は巡ってきますね。
12月になったとたん、周りもみんな気ぜわしく感じます。
一週間が早い、一ヶ月が早い、って言っている間に、あっという間に12月です。
おせち、お歳暮、クリスマスとにぎやかな行事が迫ってくると、普段何もしない、ぐうたら主婦も、周りの雰囲気に押されて、重たい腰を上げてみるかと言う事になるのですが、今年はどうかな?
計画性がないのでいつも行き当たりばったりなんです。

今日は、帰宅途中にイルミネーションの綺麗な家があって、そばを通ってきました。
凄い家なんです。毎年どんどん派手になって今年は、また手を広げて豪華になっていました。
個人の方の家なのですが、200坪くらいの庭先全部が、夢の国のようなクリスマスバージョンで明かりが灯されています。
口コミで、見学者が大勢来るせいか家主さんも、サービス精神旺盛で見学者を楽しませてくれます。

そういう家のご近所さんって、スケールこそ違いますが、あちこち同じように飾っているんですよね。ここもやってる。あそこもやってる。って、そこらいったい電球の光でぴかぴかなんです。車で通る道が黄金の道路のようになっていて、そこを走るのはちょっとしたショーを見ているようで気分がいいですよ。
そこを抜けると、何もない普通の民家になり、いったい、あの一帯は何なのだと思います。

ガーデニングもそうですよね。お花をやっている家って、かたまっている事ないですか?
一軒だけでなく、お隣さん、お向いさん、その周辺が、まるで競っているかのように、お庭を綺麗にしています。家の近所にもありますよ。花道路と言われている一角が・・
誰かが先に始めて、それを真似をしたくなるのかな?
心ときめく事は、自分もやって見たくなりますよね。
これって、人間の心理なんでしょうか。

でも、我が家の周りは、私のように花に凝る人がいなくて、真似をしてくれません。だから我が家一軒だけ、目立つと言うか、浮いているんですよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。