--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.11.22

飛んできたバケツ!

今日は大荒れな天気でした。
朝は、強い風の音と、カラカラという空き缶の転がるような音で起こされました。
カーテンを開けると、正体は、まだ真新しい大きなアルミのバケツでした。
我が家の庭の山ぼうしの木の下で止まっていました。
同じ敷地内に、これまた大きなゴミ箱の蓋もありました。
どこかの、ご近所さんから飛んできたものだと思うのですが、持ち主の心当たりがないので、しばらく塀の横に置いておいて持ち主が現われなければ、我が家でもらっておこうかな。ゴミ箱の蓋はいらないけど・・・
家は角地なので、結構こういうことがあるんですよ。

このように、自分の家の、バケツやゴミ箱が強風で飛んで、なくなっていたら、どのくらい、真剣に探しますか?
私だったら、せいぜい、隣の庭、お向いの庭、物によっては3、4件隣くらいのエリアかな?
それ以上は諦めてしまうような気がします。

私の子供の頃は、消しゴム一個無くしても必死で探していました。
母親の怒りの顔が浮かんで家に帰れませんでした。
鉛筆だって、短くなっても最後まで大事に大事に使ってたし、使えなくなったのを見せなければ、次のは買ってくれませんでした。
そういう家庭で育ち、そういう気持ちがあったのに、今は時代とともに少しずつ薄れてきて、物を大事にしない、ダメな大人になりつつあります。

たかが、バケツだけど、なければ困るだろうし、ゴミ箱の蓋だって、なければ困る。大事ですよね。
私の友人で、自転車を盗まれて、毎日、団地の自転車置き場を見て歩いて、52日目で自分で見つけたという執念の人がいるけど、こういう気持ち大事ですよね。
値段じゃないような気がします。

決めました。明日、塀はやめて、もっと目立つ場所に移動してあげます。
持ち主が現れたら、私はその持ち主を尊敬しますよ。

ゴミ箱の蓋で熱く語ってしまいました。
落ち葉も、シャッターの隙間から、車庫に入り込んできたし、あしたは掃除が大変だ・・・
札束が飛んでくるなら大歓迎なんですけどね。
明日も大雪注意報らしいです。




スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。