--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.11.09

観察が楽しい♪ミニバラの挿し木!水挿しに挑戦!

初めてバラの挿し木をし、バラ「ローマン」は、土挿しをし、今の所順調に生育中だが、こちらは水挿しというものに挑戦してみた。
ミニバラが一番簡単らしいので、花屋で買ったバラを一週間ほど花瓶に飾り、その後の枝を使用。
なので、名前は不明。確かピンク色の小花がいっぱい付くタイプだったような。

ネットで調べ、試行錯誤の結果、水はあまり多く入れず、なるべく切り口ギリギリに水位を保ち、日向の窓ぎわに置くのが良いと載っていた。

半透明のプリンの食べ終わったケースを用意して我が家の、キッチンの横の朝日があたる窓ぎわに置いた。
この場所は、毎日立つ場所なので観察もしやすく変化が目に見えて分かった。

この写真は、今日で20日目。
切り口に白いモコモコとしたカルスが出ており、その中の一本がどう言うわけか、根が延びている。
それも、切り口の一角から2本だけ出ている。
毎日観察していると、どんどん長く延びていくのが分かる。
カルスがたくさん出ている方が良いのか、こうやって根が延びている方が良いのか、どっちが理想的なのだろう?

もう土に植え替えてやらねば・・。
水挿しは、手間要らず案外簡単って思っているけど、そんなに甘くはないはず、ここからが勝負なのだろう。
さて、これからどうするか腕のみせどころ。他の草花の挿し木の様に旨くいくでしょうか?
ちょっと勝手の違うバラの挿し木に初挑戦、頭を悩ましています。

06110903.DSCF0075.jpg 全部で6本。バラの水挿しの状態
 このようにして3週間置く。時々水を取り替えた。


06110903.DSCF0071.jpg 本日20日目の状態。
 モコモコした白いカルスが切り口の周りを覆っている。
 左上に一本だけ根が延びてる、まか不思議?


06110903.DSCF0074.jpg 根っこの拡大写真


 ← 応援ポチ、お願いします

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

にほんブログ村 写真ブログ マクロ撮影へ



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。